理事長からのメッセージ

理事長からのメッセージ

-「トランスナショナル」に込められた想い-

理事長写真
理事長 山本 啓 (Yamamoto Hiraku)

 私は、36 年以上にわたって大学教育に携わってまいりました。その経験を活かして、向学心に燃えるアジアの、世界の若者たちの学びをサポートしていきたいと考えています。

 学校名の「トランスナショナル transnational」とは、「国家や民族を越えて」という意味です。その意味の通り、若者たちが、日本で学ぶ様々な国の人々との交流を深めながら 高度な技術を身につけ、そして世界へと飛び立っていく…その手助け(support)をしたい、というのが私たちの願いです。

 若者たちが高度な教育と技術を身につけつつ、自分の進むべき道を切り開いていけるように導くことが、本校の使命であり喜びであると考えています。

 みなさん、私たちと一緒に「国境を越えて」みなさんの夢を叶えましょう!

 

  

教育理念

本校は、「自分の進むべき道を自らの手で切り開いていける人材」の育成を目指し、

次のことを目標としています。

◇自ら考え、自ら発信できること

◇自分の考えを他者に言葉で表現できること

◇これらが十分にできるだけの日本語能力を身につけること

 

教育方針

 「言葉を学ぶ」ということは、ただ単語や文法を「覚える」あるいは「知っている」ということではありません。いくら知識があったとしても、それを実際に「使え」なければ意味がありません。留学生の皆さんにとっては、日本で生活しながら進学や就職を目指すわけですか ら、日本語が「使える」ということはとても重要なことなのです。

 そこで本校では、「使える」日本語を身につけるということを大きな柱としています。日本語をただ知識として蓄えるのではなく、「使える」ようになるこ と、さらには日本語を使っていろいろなことが「できる」ようになることを目指します。そのために、場面性、テーマ性を重視した授業を行っていきます。場面、テーマを自分のものとして捉え、その中に身をおいて考えることで真の思考力・語学力が養われると考えるからです。

 また、もう一つの柱として、初級の段階から「自分で考える」ことに重点をおき、それを積極的に発信し、他者の考えも受け入れ、互いに学び合うというピア・ラーニングの精神を身につけることを目指します。共に学ぶ他者から受ける影響は、言葉では表現しきれないほど多大です。それらを最大限に取り入れて、 自らの成長に活かしていってほしいと考えています。

course-nav1   course-nav2